JAバンク相談所

トラブルやご相談の際には、JAバンク相談所をご利用ください。
※JAバンクは、JAバンク会員(JA・信連・農林中金)で構成されるグループの名称です。

JAバンク相談所について

組合員など利用者のみなさまは、JAバンクの大切なお客さまです。JAバンクでは、お客さまにご満足いただけるよう、日頃より心がけております。ご利用に際してご不満などを感じられた場合にはお取引JAなどのお取引窓口、あるいは、お取引JAの所在地の各都道府県の「JAバンク相談所」、「一般社団法人JAバンク相談所」まで、お気軽にお申し出ください。JAバンクは、より一層の「安心」と「信頼」をお届けするために、お客さまの声を誠実に受け止めます。

JAバンク相談所の位置づけ

「JAバンク相談所」は、公正かつ中立な立場において、JAなどが行う貯金・貸出などの信用事業の業務に関する、お客さまからの相談、苦情および紛争の申し出を受け付け、その解決等に向けた支援を行います。

・「JAバンク相談所」は、個々のJAの事務手続きの適切性や法的見解の判断、JAに対して管理・指導を行う団体ではありません。
・また、「JAバンク相談所」では、貯金・融資残高等のお客様の個別のお取引内容の情報は保有しておりませんので、ご了承ください。
・貯金・融資等の具体的な条件・商品内容・手数料などについては、直接、お取引JAにお問い合わせください。

→お取引店舗・ATM検索はこちら

JAバンク相談所の対応について

「JAバンク相談所」は、お客さまから苦情などのお申し出があった場合には、これを誠実に受付け、お客さまのご了解を得たうえで、JAなどに対してお申し出のあった苦情などの迅速な解決を求めます。

なお、お客さまのご了解が得られなかった場合には、「JAバンク相談所」は当事者ではないことから、ご要望に応じた十分な回答ができないことがあり得る旨をお伝えしたうえで、誠意をもって可能な限りの対応いたします。

JAバンク相談所の受付対象外事項

お客さまの苦情などの内容が、以下の事項のいずれかに該当する場合は、「JAバンク相談所」ではお受けできないことがあります。この場合には、お客さまにその旨をご説明いたしますのでご了承下さい。

1.「JAなどが行う信用事業の業務に関するお客さまからの苦情など」の範囲外の場合
2.訴訟係争中または訴訟終了後の場合(民事調停などを含む)
3.弁護士会などのあっせん・仲裁手続きが終了または手続き中のものである場合
4.苦情などの内容が、JAなどの経営方針あるいはJAなどの役職員個人に関わる事項の場合
5.明らかに不当な目的で、またはみだりに苦情などの申し出をしたと認められる場合
6.一事案について、再度、苦情などの解決支援の申し出がなされている場合

苦情・相談などの取扱状況

平成29年度のJAバンク相談所取扱件数は次のとおりです。

区分 取扱件数
苦情 506
相談 2,741
合計 3,247
区分 取扱件数
紛争(注) 9

(注)弁護士会「仲裁センター」での取扱件数

相談業務の一層の充実のために

「JAバンク相談所」では、学者、消費者問題専門家、消費者代表、弁護士の方々をメンバーとする「JAバンク相談所運営懇談会」を設置しており、同懇談会におけるご意見・ご指摘を踏まえ、運営の一層の改善・充実を図っています。

PAGE TOP