JAバンク

閉じる

戻る

JAの農業融資 農業の明日を担う皆さまの運転資金、設備資金などの資金ニーズにお応えします。

農業金融強化について

新たな食料・農業・農村基本計画の策定等を受けて、JAグループをあげて担い手支援に取り組んでいく中で、JAバンクとしても、JA・信連・農林中金が一体となり、「農業メインバンク」としての地位確立・機能発揮をめざし、農業金融強化に積極的に取り組んでいきます。

それぞれ役割分担としては、JAは、認定農業者(農家)や集落営農組織、JA出資法人等を主体に金融対応を行います。また、信連・農林中金は、JAの取組みを推進・支援するとともに、JAの対応が困難な農業法人等に対し、直接融資、またはJA(信連)との協調融資等により積極的な金融対応を行っていきます。

JA・信連・農林中金における取組み

担い手金融資金強化に向けた取組み

農林中金が提供する農林水産環境ビジネスローン概要

融資対象者 原則3期分の決算書提出が可能、かつ繰越欠損金が無い農業法人等(新設法人は、事業計画により判断)
資金使途・期間 原則10年以内の運転資金・設備資金等の事業資金
融資利率 原則短期プライムレート以上、原則長期プライムレート以上で対応
担保・保証 担保:必要に応じてご用意いただきます(短期資金の場合は、無担保取引も可能)
保証:第三者個人保証は不要