金融仲介機能の発揮について JAバンクは日本の農業・農村に対する支援・貢献策を展開していきます。

JAバンクの地域密着型金融の取組状況・金融仲介機能のベンチマーク

JAバンク(JA、都道府県信用農業協同組合連合会、農林中央金庫)は、農林水産業の発展に寄与し、地域のみなさまの暮らしをバックアップすること目指しています。
2019年度から2021年度を取組み期間とするJAバンク中期戦略では、「他業態と差別化した価値を提供しつつ、持続可能な収益構造を構築することで、農業・地域から一層必要とされる存在」をJAバンクの目指す姿として掲げ、①農業・地域の成長支援、②貸出の強化、③ライフプランサポートの実践、③組合員・利用者接点の再構築、④JA・県域一帯の変革実践に、JAバンクが一体となって取り組むこととしています。このような現況を踏まえ、今般、地域密着型金融の取組状況ならびに金融仲介機能のベンチマークを公表いたします。
今後もお客さまのニーズや経営課題の解決につながる本業支援・融資支援などに積極的に取組み、地域経済の活性化に努めてまいります。

JAバンクの農業振興・環境貢献事業サポートのご紹介

利子助成事業や投資事業などJAバンクアグリ・エコサポート基金が行なっている取組みをご紹介いたします。

JAバンクアグリサポート事業

事業概要 「農業担い手の皆さまへの支援」「農業および地域社会に貢献する取組みなどへの支援」「消費者の皆様などに農業への理解・関心を高めていただくための取組み」の3つの切り口から、農業振興等に貢献する事業を展開していくもの。
事業実施主体

JAバンクアグリ・エコサポート基金

JAバンクアグリ・エコサポート基金の組織情報や、活動内容については、下記サイトでご覧いただけます。

事業実施主体であるJAバンクアグリ・エコサポート基金は、農業振興や環境に貢献する事業をサポートするために、JAバンクにおいて平成19年10月に設立されました。

JAバンクの農業・地域サポート機能のご紹介

食と地域のくらしを応援する活動をご紹介します。

PAGE TOP