まちを眺める松下奈緒さん。
その視線の先には、人生のさまざまな「1日」を迎えている人々の姿が。

「晴れの日に。」大学の合格発表で、合格を喜ぶ親子。
「はじまりの日に。」緊張した面持ちで
人生の新しいスタートを切った新入社員。
「出会いの日に。」待望の赤ちゃんを迎え、
柔らかな笑顔が溢れる夫婦。
「夢かなう日に。」念願の二世帯住宅が完成し、
これからの生活に期待を含まらす家族。

どんな「1日」にも、人それぞれの想いがある。
そんな人々の影となって、人生の手助けとなれるよう、そっと見守っている「よりぞう」。

あなたの大切な「1日」に寄り添い続けること、
それがJAバンクの想いです。

お客さまひとりひとりに合った提案をしていけるように、
いつでも寄り添える存在でありたい。
そして、いつでも気軽に相談していただきたい。
JAバンクはこれからも、
あなたの「生きる」を応援し続けていきます。