「新しい農業の形」を生み出すという挑戦は、
時に人知を超える自然を相手にトライ&エラーを繰り返しながら
一年一年一歩一歩進んでいく、忍耐と根気のいる挑戦です。

その農業ならでは難しさを共有し、農家の方と同じ覚悟を持って、夢が実を結ぶまで伴走する。

それが、JAの「農業融資」に込められたこれからも変わらぬ想いです。

その想いの強さを、松下奈緒さんが大地を素足で踏みしめながら、
登り始めた朝日に向かって堂々とメッセージします。