JAバンク

借りる

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • その他各種ローン
  • JAの農業融資
  • ローン相談会
  • マネーシミュレーション
  • ネットローン

貯める・増やす

  • JA貯金
  • 国債
  • 投資信託
  • JAバンクの特定口座
  • 国債・投資信託取扱いJA・信連一覧
  • 資産運用の基本
  • マネーシミュレーション
  • 総合口座

便利に使う

  • JAバンクの手数料無料ATM
  • 給与受取サービス
  • JAカード
  • 自動支払サービス
  • 年金受取サービス
  • 個人向けJAネットバンク
  • 法人向け法人JAネットバンク
  • ペイジー口座振替受付サービス

JAバンクについて

  • JAバンクとは
  • JAグループについて
  • JAバンクの基本方針
  • JAバンクの中期戦略
  • 貯貸金動向等について
  • 社会貢献活動
  • 各都道府県のJAバンクサイト
  • はじめてのお客さまへ
  • 安全・安心なJAバンクの仕組み
  • FinTech企業等との連携及び協働について

JAバンクからのお知らせ

農林漁業金融公庫受託貸付の費用実態調査に関するプレスリリースについて

平成19年10月26日
農林中央金庫

農林漁業金融公庫受託貸付の費用実態調査に関するプレスリリースについて

 今般、農林漁業金融公庫(以下「公庫」)から公庫農業資金借入者からの手数料等の費用徴収について一部借入者への返還が生じるとの説明がありました。お客様にご負担をおかけしたことは遺憾であり、JAへの事務指導についてJAバンクとしても公庫に協力を惜しまない所存です。

 具体的には借入者から手数料等の費用徴収を禁じられている委託貸付・事務委任貸付において公庫の調査では、銀行、信金を含む20金融機関中、9のJAで過去10年間に不適切な徴収約6百万円があった模様です。本件についてはJAよりお客様に対しお詫びと詳しい説明を行うとともに速やかに返還を行います。

 また転貸貸付については、手数料等実費水準の費用を徴収してもよいこととなっていますが、今回の公庫の調査を通じて、実費水準を超えて徴収を行っていた可能性があるケースがあったため、超過徴収のあったJAについては超過徴収部分を返還することといたしました。ちなみに現時点で判明している費用徴収を行っていた組合は42組合で、過去10年間の徴収金額は約370百万円、このうちの超過徴収部分についてお客様に返還することになります。

 JAバンクとして改めて調査を行う予定です。

 なお、公庫資金は農業金融のベースとなる重要な資金制度でありJAバンクとしても今後とも堅確な事務処理体制の構築に努力していく所存です。

以 上

本件に関するお問い合わせ

農林中央金庫 広報部(岩渕,竹渕,湯山)
TEL:03-5222-2019

PAGE TOP