このページの本文へジャンプ

  1. JAバンクトップ
  2. 知って、納得!JAバンク
  3. サクッとわかるJAバンク
  4. JAバンクってなに?

サクッとわかるJAバンク

JAバンクってなに?

農家のひとに組合員になってもらっているJAが母体。民間最大級の店舗網が全国に!

JAバンクのしくみ

JAバンクは、JA・信連・農林中金の総称で、全国で民間最大級の店舗網を展開!全国津々浦々にたくさんあり、その幅広いネットワークと総合力を最大限に活かして、いろいろなサービスを提供しているんです。

JAバンクが目指すのは、地域のひとから身近に感じてもらって、みんなに頼りにされるメインバンクになること。みんなに安心して便利に使ってもらいたいんです。地域のひと、というのは、今ホームページをご覧になっている「あなた」も当てはまるんですよ。

これ、安心の目印なんです。JAバンク会員マーク

JAバンク(JA・信連・農林中金)の金融店舗では「JAバンク会員マーク」を掲げています。これ、「どうぞ、安心してご利用くださいね」という目印なんです。

これ安心の目印なんです。JAバンク会員マーク

詳しくはこちら

JAの紹介

JAの紹介

JAという名称、よく耳にすると思いますが、どういう意味か知っていますか?「Japan Agricultural Cooperatives」の頭文字で、日本語にすると農業協同組合(農協)のことなんです。

で、JAそのもののしくみ。こちらを知っているひとはJA通!JAは、普通の会社とはちょっと違うんです。農家に組合員になってもらい、相互扶助の精神のもと、 色々な事業を行っているんです。例えば、組合員が育てた野菜やお米を世の中に販売したり、農業用の燃油や資材を供給したり。もちろん貯金・ローンなどの金融サービスも取り扱ってますし、さらには、医療や福祉の分野でも活動を行っているんですよ。

最近では、日本の農業やJAをめぐる環境も変わってきていますので、JAは合併等による経営の合理化や健全性強化にも取り組んでいるんです。安心・安全な組織だからこそ信用してつきあってみようと思いますよね。

詳しくはこちら

JAバンク・セーフティーネット

組合員はもちろん、地域のみんなに安心して使ってほしい!JAバンクには、そんな強い思いがベースになった「JAバンク・セーフティーネット」があるんです。

[JAバンク・セーフティーネット] 破綻未然防止システム:JAバンクが経営破綻しないよう、未然に防ぐ独自の制度です。 貯金保険制度:一般的な銀行が加入している預金者保護制度と同じように、貯金者等を保護するのための公的な制度です。

詳しくはこちら